テーマ:アフリカ

安倍政権による3兆円アフリカ投資

アフリカに関わる仕事を長くしているから、昨今の中国の常軌を逸したといっても過言でないアフリカ各地への進出には違和感と危機感を感じてはいる。中国のアフリカ投資は金だけではなく人的な投資が著しい。もともとアフリカはアジアに比べて人口密度が希薄なところが多いが、そこに大量の中国人をいろんな資本とともに送り込むものだから、土地の生産構造が一変し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛しのケニア

 さらま交易のバスケット隊は数日前からここケニアはナイロビにやってきておりますが、今回の訪問でなにかいつもとちがう雰囲気がするのは、外国人旅行者の少なさですね。私の泊まっているホテルは、小さいながらも満杯だとおそらく200人以上が泊まれるホテルなんですけど、今日の宿泊客は全部で10人に満たないらしいです。先週も同じくらいでずっと10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケニアの悪徳警官ゆすり事件 その後

今日は事前にアポイントをとって日本大使館に行ってきました。昨日の事件をさらに掘り下げて。今後こういうことがあればどういう対策が取れるかということを考えるためだったんだけど、結果をいうと、大した策はなしとという感じでした。 最初に聞いたのは同様の事件が発生していないか、それについてはすかさず、わんさかあるというお答えでした。おそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひどい目にあった

ひどい目にあった。 メーカーのオーナーと一緒にナイロビのダウンタウンを歩いていたら、連れが二人組の男に話しかけられ、僕の素性を知りたいといってきた。財布からおもむろに警察のID証をみせる。最初に連れが僕のことを、仕事上のボスだと言ったらしく、あんたはこの男を雇っているのかと聞く。僕は、品物のオーダーをしているけど彼を雇って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイザルバッグ生産地キトゥイ訪問レポート

今年もまた来年ケニアバスケットのデザイン確定とバスケットの仕込みにケニアにやってきておりますが、今回はしばらくぶりに生産地のキトゥイを訪問しました。ナイロビから200㎞、3時間弱の道のりですが、最近はナイロビも道が良くなって、快適なドライブです。 現地到着して、みんながワークショップ兼集会所に一同会しているのでびっくり。ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Jastin Kimani

 ケニアの友人がまた一人亡くなった。Jastin Kimani 享年40才くらいだろうか。タクシードライバーだったんだけど、けっこう気があって、遠出する時はいつも彼と一緒に出かけたものだった。マチャコスには何度も、一緒に行ったな。バスケットを探しに行ったり、日本に招待したことのあるカンバ族の職人さんの家へも、一緒に出かけて、まるで関係者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョコラ

 ナイロビのわが社の作業場には、ここ数年の注文やサンプル作りでたまりにたまったバスケット材料や、布切れ、皮の切れ端、埃まみれの数年前のサンプル、設計書の紙くずなどが、グニアと僕らが呼んでいるプラスチック繊維のズタ袋にいくつも入って、うずたかく積まれています。  何せそれらは決してゴミではなくて、かつてはシーズン商品の第一号サンプル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケニアの禁酒法?

今滞在中のナイロビで耳にした話。 今年1月にケニアの飲酒制限法が成立したそうな。それによると、朝8時から夕方5時までは、町中のレストラン・バーでは飲酒が禁止された。 さらに、レストラン・バーでの飲酒(酒類の提供)は夕方5時から夜11時まででおしまい。 スーパーや町中の雑貨店では、酒類の販売は、夜8時までで終了。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョモケニアッタ空港で

市内の大渋滞をぬけてジョモケニアッタ空港に若干早く到着したら、カウンターにはこれ以上想像出来ないほど無愛想な女が待ち受けていて、何となく嫌な予感。この女、手渡したe-ticketをあろうことかポンとこちらに突き返し、fully bookingと一声発したままそっぽを向いてしまった。 ん?満席だと?何を言ってるんだエチオピア航空でもある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボボデュラソ

 毎年、秋口から11月頃にかけて西アフリカのどこかにいるのですが、今年は師走も押し迫ってまだうろうろしております。バスケットの出荷を少しはやめたのと、秋口に別の場所の仕入で渡航していたためです。アフリカをうろうろするのが仕事とは言え、本当はこのクリスマスの頃は家族と一緒にいて、日本的な恒例行事になったクリスマスを子供達と過ごしたいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフリカ人の物言い

 ものの言い方。これは僕にはたいへん頭の痛い話のネタなのです。何を隠そう、僕は非常にものの言い方に欠陥のある人間で、こういうことをそういう言い方で言ったら、どういう事態になって、相手はどんな風に感じるかということが、基本的によくわかっていません。自分に発せられた言葉には敏感なくせに、相手には容赦なく好き勝手なことを言ってしまう。実に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワガドグ-ボルガ-アクラ 1200㎞の旅。

 久しぶりにいい汗をかきました。埃まみれ、泥まみれになりながら、初めて行く町を旅して、一つの仕事を完了させる。  今回の仕事は、注文したボルガのバスケットを検品し、トラックに積み込んで港まで搬送し、コンテナで出航させるという単純なことでしたが、行く先々でいろんな人に助けられて、アフリカ人情の厚さに感激させられた旅になりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

 みなさま、あけましておめでとうございます。2009年になってしまいましたねぇ。ホント、なんだか「なってしまった」って言うのがいちばん適当な表現とおもえるほど、気が付けば2009年という感じです。  世間は不景気、不景気と言っていますが、年末のメルマガにも書きましたように、不景気であればこそ一度ゆっくり立ち止まって考える時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メリーさんの羊

 バマコから80キロほど離れた田舎町に、羊を買いに行きました。来月の17日にあるイスラムのフェスタで供される羊で、都会より半分くらいの値段で買えるので、車をとばして遠方まで買いに行きます。  見るとこれは羊というより、山羊に近いような感じなんだけど、山羊はもっと細くて華奢な体つきなのでやっぱり羊なんでしょう。オーストラリアの羊のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トアレグ商人

 今日、どうしてもトアレグのものを大量に手に入れたくなって、きちんとした商売をしているトアレグの商人を捜してもらったのですが、求めれば出会えるのものなのです。提案してから、ものの30分程度で、店を構えていて、かなりの在庫をもった、信頼のおけそうなトアレグ人。おあつらえ向きの御仁にあわせてもらいました。  いままで、なんでこの人を知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交通事故

 これはほんとうに驚いたんだけど、仕事を終えてホテルでテレビを見ていたら、交通事故のニュース。 トラックが丸焦げになっていて、相手がバスというのだけど、バスの姿なんか影も形もない、バラバラの鉄くずの残骸が飛び散っているシーン。そして映像の中にところどころ、どう見ても生きているとは思えない人間の素足が写される。そして耳を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住みよいアフリカ

 アフリカが好きで始めたこの商売なんだけど、アフリカに関わるにつれ深く考えさせられることがよくある。何が辛いかと言って、あまりにも多すぎる紛争、戦争災禍、専制政治、見境ない暴力・・ ニュースの世界では、楽しいことより災難の方がネタになるから、アフリカで起こるニュースネタをどんどん流していくと、やたらそういうものばかり目立つようになる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トイレのある風景

スラムの中を歩いていて見かけたお店です。 すてきな水洗便所、すてきなバスタブ。 スラムに水洗便所?どこにバスタブ???
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体調不良

 旅先での体調不良というのは、いくら気を付けていても、起こる時は起こってしまいます。それも、これから飛行機に乗ってどこかに移動する前とか、中継地点で次の便を待っているようなややこしい時に限って、熱が出てきたり、おなかをこわしたりするのです。実にイヤなものです。コンを詰めて一気にやってきた仕事にめどが立って、ようやく次に移動するという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナイロビの美化運動

 最近、ナイロビの町を歩くと、いたるところにこういったゴミ箱を見かけます。広告で収入も得て、負担を押さえながら、町のクリーン作戦を進めようということなのでしょうね。聞くところによると、もしその辺に不用意にゴミのポイ捨てをすると1000シルだか2000シルだかの罰金を払わせられます。それと同時に施行されたのが、歩きタバコの禁止、公共の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャカランダ

 今日、ナイロビ郊外の道を連れととぼとぼと歩いていたのですが、ちょっと目を引く光景に出くわしました。一目見て、燃料用にするものだろうなと思ったのですが、その量が半端でない。これだけの薪を作ろうと思えば、かなりの量の木を伐採して、相当な労力で薪割りをしないと出来ないだろうなと感心して立ち止まってよく見れば、やはり材料にしたとおぼしき丸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑踏

 アフリカにしろアジアにしろ、どこでも都市部や市場のあるようなところには、ものすごい人混みってありますよね。他の人はどうかわかりませんが、僕はこういう場所はかなり苦手です。まっすぐに通りを歩けない、前から人がぼんぼんぶつかってくる。もしそんな場所が生活の場なら好きも嫌いも言ってられないのだろうけど、立ち寄らずにすむのならすませたいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフリカの段ボール屋さん

ここはマリ共和国バマコの段ボール屋さん。日本の古紙回収業とちがうのは、段ボールなどからリサイクル紙材を再生するというのではなくて、集めた段ボールをそのままの状態で、さらに利用したい人に売りさばく仕事なのです。丈夫で何度でも使えそうな段ボールを優先的に集めてきて、サイズごとに分類し、それを買いに来るお客さんを待ちます。僕などは仕事柄、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

商品とディーラーの関係

 6日にナイロビを出て、僕は一路西アフリカコートディボアールへ。といっても、それも4日半で切り上げ、僕はいまブルキナファソまで北上してきました。かなりの急ぎ足です。アビジャンは、昨年9月以来の訪問で、今回は太鼓の旅。。。ですが、じつはあまり芳しく成果がありません。はやり初めての取引のところは、注意しないといけませんね。もう2ヶ月以上も前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年あけましておめでとうございます。

 2007年はあっという間に終わってしまった気がしますが、2008年はどういう年になるでしょう。今年は総選挙もあるし、すこしでも世の中が良い方向に行くように何かできる年にしたいものです。ホームベースのケニアでは、年末にあった選挙で思いもよらぬ混乱に向かいつつあって、「ケニアよ、またお前もか」とでも言いたい気分なのですが、なにやら世界中が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さようならアブドライ

お疲れ様でした。derra abdouraye(デラ・アブドライ) あんたが亡くなったと聞いて、まだ未だに信じられないのだけど、ここワガドグまでやってきて、みんなに話を聞いて、あんたの店にまで行ったらやはりあんたはいなくって、あんたの従兄弟は「彼にはいつも病院に行って検査を受ければといっていたのに・・」とがっくりと肩を落として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフリカの子供

 小さい子供はお母さんと一緒。ほほえましい光景ですが、日本やタイなどと少し違う要素としては、あまり子供に面と向かってあやしたり取りなしたり遊んだりする風景を見かけないということでしょうか。日本でもありますが、特にタイでよく見かける風景が、小さな子供を大人達が取り囲んで、遊んであげたり、きげんを取ったり、何だかんだとかわいがったりして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハランベー

 われわれハンディクラフト業界はどことも皆不況にあえいでおりまして、今回は渡航先のナイロビで、コーディネーター役をお願いしているケニア人のM氏が、あまり金欠のためハランベーをやるという話になって、「なんだそのハランベーって?」とついうかうか話を聞いてしまったことから、僕もそこに参加させられるはめになった話の顛末です。  ハランベー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国人経営のジェンベ工房

 バマコ郊外にあった、フランス人が経営するジェンベ工房が、マリ政府の圧力に破れて閉鎖されたと聞いた。昨年来、すったもんだしていて、どこかで復活するだの一時的な休養期間だのといった話が飛び交ってはいたものの、今回こそは復活は当面無いだろうということらしい。 その理由というのが、不思議なもので、「木を切りすぎるから」・・ もしかすると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バス旅行の顛末

ブルキナバス旅行のその後の話が、少し遅くなってしまいました。「つづく」なんて書いていながら、ごめんなさい。  バスは5~6時間かけてワガドグからボボデュラソに移動したのですが、問題は荷物。はたの迷惑を顧みず、僕は200kg近い商品をズタ袋に入れて運ぼうとしていたのですが、出発時に何となく想像していながら、まわりが大丈夫と言い張るので(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more