テーマ:ジェンベ

ボボデュラソ

 毎年、秋口から11月頃にかけて西アフリカのどこかにいるのですが、今年は師走も押し迫ってまだうろうろしております。バスケットの出荷を少しはやめたのと、秋口に別の場所の仕入で渡航していたためです。アフリカをうろうろするのが仕事とは言え、本当はこのクリスマスの頃は家族と一緒にいて、日本的な恒例行事になったクリスマスを子供達と過ごしたいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

商品とディーラーの関係

 6日にナイロビを出て、僕は一路西アフリカコートディボアールへ。といっても、それも4日半で切り上げ、僕はいまブルキナファソまで北上してきました。かなりの急ぎ足です。アビジャンは、昨年9月以来の訪問で、今回は太鼓の旅。。。ですが、じつはあまり芳しく成果がありません。はやり初めての取引のところは、注意しないといけませんね。もう2ヶ月以上も前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国人経営のジェンベ工房

 バマコ郊外にあった、フランス人が経営するジェンベ工房が、マリ政府の圧力に破れて閉鎖されたと聞いた。昨年来、すったもんだしていて、どこかで復活するだの一時的な休養期間だのといった話が飛び交ってはいたものの、今回こそは復活は当面無いだろうということらしい。 その理由というのが、不思議なもので、「木を切りすぎるから」・・ もしかすると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドナドナ

 「なんだってこうなっちゃたの?僕は隣のおばちゃんのバカでかい尻に押しつぶされそうになりながら、車の外に目をやると、別の乗り合いバスの屋根の上にびっしりと、小さな山羊たちが縛り付けられているのが目に入った。か細い声でメエメエと鳴いている山羊たちの中には、すでに息絶えてしまったようにぐったりしているのもいる。ふと太鼓の皮の注文数を思い出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more