ケニアの禁酒法?

画像


今滞在中のナイロビで耳にした話。

今年1月にケニアの飲酒制限法が成立したそうな。それによると、朝8時から夕方5時までは、町中のレストラン・バーでは飲酒が禁止された。

さらに、レストラン・バーでの飲酒(酒類の提供)は夕方5時から夜11時まででおしまい。

スーパーや町中の雑貨店では、酒類の販売は、夜8時までで終了。それ以降の販売は禁止。

飲酒制限時間帯の町中での泥酔者は、即逮捕され、30000シル(約3万5千円)の罰金か、禁固6ヶ月。



よくこんな法律が議会を通過したものだと感心しました。市民の間でも、それによる反発は意外に少なくて、むしろ襟を正すムードだとか・・


僕は酒を飲まないけど、こりゃやりすぎだと思うね。

"ケニアの禁酒法?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント